イメージ

設計監理業務

建築物が施主の目的に沿って企画・設計・施工され、適切に運営維持されて行くためには規模や内容にかかわらず次のような段階を追って進められていくことが必要です。当社ではそれぞれの段階に応じて適切なサービスを提供します。



1. 企画段階 (基本構想)

建築主と協同して設計の要求項目や与条件を明確にし、建築主が目標とする建築物のイメージを探るための構想計画の検討を行います。また必要に応じて敷地や現況の調査を行います。

  • ◦ 敷地、建物現況調査
  • ◦ 事業スケジュールの検討および立案
  • ◦ 基本構想案の検討、立案

2. 基本設計段階

要求される内容や与条件をもとに、建築物の基本計画を作り上げます。建物の外観、インテリアの意匠や色彩等のイメージを固めます。また、計画実施に必要な法令や基準、ならびに技術的な検証、工期や工事費のスタディーを行うことにより、建物の完成時の姿を明確にします。

  • ◦ 法令、基準等の調査
  • ◦ コストスタディー
  • ◦ 基本デザインの検討、立案

3. 実施設計段階

基本設計をデザイン、技術の両面から検討を進め、各種決定を行います。その上で工事発注に必要な設計図の作成を行い、関係行政との詳細な打ちあわせ、手続きが開始されます。

  • ◦ 役所との事前協議、建築確認申請手続き
  • ◦ 詳細設計図の作成
  • ◦ 工事予算書の作成

4. 施工業者選定・工事契約段階

作成された設計図に基づいて工事が発注されます。建築主が行う工事契約に対し設計の内容が適切に盛り込まれた内容であるか、確認と助言を行います。

  • ◦ 施工会社選定のための助言、必要な追加指示
  • ◦ 工事契約の内容の確認
  • ◦ 契約手続きの補助

5. 工事監理段階

工事が契約に基づいて実施される事を確認します。設計図書、仕様書に示された目的物が、定められた工期内に完成するように施工業者と協力し円滑な工事の進捗を図ります。また、この段階では仕上げ材料や色などの最終決定を行います。

  • ◦ 設計内容に関する説明、工事打ち合わせ  ◦ 施工会社の作成する工事用図面の確認
  • ◦ 材料、見本品の確認  ◦ 仕上げ材料、色彩の提案  ◦ 役所検査、引渡しへの対応

6. 維持管理体制

建物が設計時に目指した目的に沿って使用され、長期に渡って性能を発揮できるよう適切な維持管理計画を提案します。

  • ◦ 経年による劣化、不具合の調査
  • ◦ 修繕計画の立案
  • ◦ 改修設計、見積りの作成助

開発コンサルティング業務〜社会開発プロジェクト室

1. 業務概要

社会開発プロジェクト室は、弊社が海外の学校施設建設プロジェクトを実施する上で、建築設計・監理業務だけでなく、従来クライアントとして認識されることの少なかった生徒や教員、学校スタッフ、保護者や地域住民といった幅広いステークホルダーのニーズや教育事情等の把握、関係者のオーナーシップやコミュニティ参加の促進といった視点を取り入れることで、よりニーズに合ったきめ細かい支援を実現することを目的とし、2000年に開設されました。現在は教育・ジェンダー・参加型開発を専門とするスタッフを中心に、主に政府開発援助(ODA)の無償資金協力による学校施設建設プロジェクトの調査業務や、同プロジェクトのソフトコンポーネントを通じたソフト支援業務に携わっています。

これまでにアジア・アフリカ・中米・中東を中心とする10カ国以上において、無償資金協力による学校建設案件のプロジェクトの調査およびソフト支援業務を実施した他、国際協力機構(JICA)の実施する事前調査・情報収集・確認調査・評価調査、ジャパン・プラットフォーム(JPF)によるモニタリング調査に携わっています。今後はこうした業務経験を生かし、教育および社会開発関連分野の開発調査・プロジェクト形成調査等にも業務範囲を拡大していきたいと考えています。

2. 主な業務内容

2.1 調査業務

ニカラグアにおける
学校関係者からのヒアリング

ODAの無償資金協力で実施される学校施設建設プロジェクトの基本設計にあたり、プロジェクト対象国の教育政策、教育行政、学校、地域の実態やニーズについて幅広く調査を行っています。調査結果を踏まえ、無償資金協力としてのプロジェクトの妥当性を検証すると共に、効果的なプロジェクトの実施にむけて、対象校の選定や協力の規模・内容、ソフト支援の必要性等に関して提言をしてきました。

  • <主な調査項目>
  • ◦ 国家開発計画や教育政策、教育セクター計画
  • ◦ 教育セクターの現状及び重点課題
  • ◦ 教育セクターにおける他のドナー国・機関の援助動向
  • ◦ プロジェクト対象地域の教育事情及び社会経済状況
  • ◦ プロジェクト実施にあたっての先方の実施体制・実行能力・学校運営・維持管理体制
  • ◦ 教育機会や学習環境における地域間・男女間格差など、
     プロジェクト実施にあたり配慮すべき社会環境


2.2 ソフト支援業務

東ティモールにおける
運営維持管理ワークショップ

無償資金協力により供与された学校施設が、より適切にかつ長期的に利用されることを目指し、行政及び学校関係者の運営維持管理能力の向上を目的として、タンザニア、フィリピン、東ティモール、ベトナム、セネガルにおいて、行政・学校レベルでのワークショップの実施、維持管理マニュアルの作成等のソフト支援業務に取り組んできました。

調査・診断業務

1. 建物劣化診断

建物は、一定の年数を経ると、雨水、大気汚染物質、紫外線、気温・湿度の変化などの物理的あるいは化学的要因により、建物の性能、使用材料や機器の劣化が始まります。劣化範囲が経年とともにさらに拡大すると耐用年数が減少するため、建物の性能、使用材料の劣化や機器の不具合などが起こります。外壁タイルの剥落の危険性、漏水の危険性、設備機器の劣化度やシックハウスなどに関連した室内の有害物質による室内環境の悪化を未然に防ぐために調査と診断を行います。
当社では以下のような手順で、オフィスビル・学校・マンション・工場・住宅などあらゆる建物について、耐震診断、耐久性診断、外壁等劣化診断、設備劣化診断、配管劣化診断と、その結果に基づいた建物の性能評価を行います。



1.1 目視調査

調査対象の目視調査を行います。この結果から総合調査、詳細調査の必要性を判断します。



1.2 総合調査

設計図書等の書類、修繕更新履歴の閲覧や、建物管理者へのヒアリング調査を行います。また、外装、内装、構造、外構、設備など各項目別に専門担当者が調査を行います。必要に応じてアスベストの調査及び設備の機能調査も行います。



1.3 詳細調査

総合調査の結果により、特に重度の劣化や変化が懸念される箇所や項目の化学試験、X線調査、超音波調査、内視鏡調査やサンプリング調査を行います。


     
ポンプ機能調査   X線調査
(配管の腐食程度を調査)
  内視鏡調査
(配管の内部状況を調査)
  超音波調査
(配管の腐食程度を調査)


1.4 調査結果のまとめ、報告書の作成

調査報告書は、項目別に状況説明を記し、現況写真と共に分かりやすく整理し、対策の提案を行います。

2. 改修設計

2.1 改修案の作成、改修費用の積算

改修案及び工期(工程表)を作成し、改修費用の積算を行います。これ以降は、設計監理業務と同じ流れとなります。